二日市校のことを知りたい方はこちらをクリック(^^)

子どもに家で勉強してほしければ環境を変えよう!

教育・子育て

こんにちは!

筑紫野市湯町にある個別指導塾、ヒーローズ二日市校、塾長の成田です(^^)/

あなたのお子さんは家で勉強ができていますか?

スマホやゲーム、テレビにマンガ、何かと誘惑が多い我が家では、勉強に集中できないという子も多いようです(^^;)

うちの塾でも家では集中できないからといって毎日のように自習に来る子もいます。

ただ、365日いつでも使える勉強スペースが家にあるのに、そこで集中して勉強できないのはもったいないですよね?( ;∀;)

家で勉強に取り組みやすくするには次の3つが大事ですよという話を以前しました(^^)

  1. 勉強する場所
  2. 勉強する内容
  3. 勉強する時間

↓以前の記事はこちら!

今回は1番の「勉強する場所」について話します(^^)

家(部屋)をどう変えたらいいの?

子どもが勉強しやすくなるように変えるべきポイントは次の4つです!

  • 導線を整える
  • 勉強を妨げる物を置かない
  • 勉強道具を整理する
  • 家族に協力してもらう

一つずつ詳しく説明します(^^)

導線を整える

帰宅し、自分が勉強する場所(ここでは自分の部屋とします)までの流れをスムーズにするということです。

玄関から自分の部屋までの間に「ソファー」があるとくつろぎたくなりますよね?「テレビ」があると見たくなりますよね?

そういった誘惑に負けないように、帰宅したら、まずは自分の部屋に荷物を置きにいく、着替えたらご飯を食べに行く、といったように決めておくといいです

もちろん、ちょっとゆっくりする時間も大切ですが、それがどんどん長くなって結局勉強する気が起きなくなるといった子の場合は、この作戦は効果的です(^^)

大体、どの家庭も家族みんながくつろげるようなリビングがあり、テレビを見やすいように家具が配置されていたりします。

家をくつろげる場所にするという点ではとてもいいことですが、勉強に向かう気持ちを削いでしまうようであれば、導線を変えた方が良いでしょう(^^;)

勉強を妨げる物を置かない

今の話しにつながりますが、自分の部屋もくつろげるようにし過ぎていると、勉強することに対しては逆効果です。

すぐに横になれるようにベッドがある、手を伸ばせばすぐにマンガ本を読める、壁には好きなアイドルのポスター、このような状況ではよっぽど精神力が強くないと誘惑に負けてしまいます(^^;)

自分の部屋を自分の色に染めたい気持ちもわかりますが、せめてテスト前はマンガ本をお父さんの部屋に移す、スマホはリビングで充電する、などして、誘惑する物を自分から遠ざけておくようにしましょう

勉強道具を整理する

「さあ、勉強するぞ」となったとき、「あれ?社会の教科書どこいったっけ?」「あれ?この前もらったプリント無いなあ…」となっていると、集中できません。

探すのが面倒になり、一気に勉強する気が萎えてしまいます(^^;)

人は、探し物をするのに1年間に150時間ほど使っているとい調査もあります( ;∀;)

わずか数分ですが、「チリも積もれば山となる」。

科書を置く場所を決めておく、プリントは色を分けたファイルに挟んでおくなど、普段から整理整とんを心がけましょう。

家族に協力してもらう

子ども
子ども

テストまで勉強したいのに、家族が騒がしくて集中できないよ…。

こういうことってありますよね?(^^;)

家族のみんなが楽しむ時間も本当に大切なのですが、せめてテストまでお子さんが集中しているときは、なるべく静かに過ごしてほしいなあと思います(^^)

お子さんが勉強に集中しているときは、家族のみんなも読書をして過ごすなどするといいかもしれません。

特に、テスト直前の土日に家族で予定を入れたりするのは避けてあげてくださいね(^^;)

どうしても変更できない用事であればしょうがありませんが、テスト前の土日はまとまった時間勉強できる貴重な日です。

「どうせ、家にいても勉強しないでしょ」と思うかもしれませんが、遊びに行かず、家にいてやることがなければ勉強するようになります。たとえ30分でも1時間でも。

ぜひ、お子さんのテストや入試の日程を意識して家族の予定を立てられてください(^^)

勉強する環境はみんなで作りあげていくもの!

以上が、 子どもが勉強しやすくなるように変えるべき4つのポイントになります。

「あなたの将来のためよ」と口酸っぱく言っても、なかなか本気で勉強に取り組まない様子を見て、ヤキモキする保護者の方もいるかと思います(^^;)

子どもにとっては今の勉強がすぐに将来につながるわけではないので、実感しにくいことではあるのですが、そうやって、周りが関わっていくのはとても大切です。

お子さんが勉強に本気で取り組めていない場合は、なぜ取り組もうとしないのか、お子さんの思いをしっかり聞いて受けとめ、それに対する親御さんの思いを伝えてください。

もし、親子で会話が上手くいかないのであれば、学校の先生や塾の先生など、第三者が入った方がいい場合もあります。

それで、お子さんが少しでも勉強しようという思いをもったら、ぜひ、家族みんなで、お子さんが勉強しやすい環境づくりをしていってください(^^)/

それでは今日の話はここまでです。
これからも学習法や子育て法、最新の教育情報などを発信させていただきます!

筑紫野市周辺にお住いの方で、本校へ興味をもたれた方は、お気軽にお問い合わせください(^^)

★資料請求はこちら↓

資料請求・お問合せ | 個別指導学院ヒーローズ
個別指導学院ヒーローズは全国に250校以上の教室で地域のお子様を徹底サポートいたします。「ヒーローズってどんな塾?」「まずは資料を見ながら検討したい」という方のために資料をお送りします。お気軽にお問合せください。

★個別相談、体験授業はこちら↓

無料体験 個別相談 | 個別指導学院ヒーローズ
個別指導学院ヒーローズは全国に250校以上の教室で地域のお子様を徹底サポートいたします。「個別体験・相談って何をやるの?」「うちの子と合うかな?」など、不安や疑問をお持ちの方に、無料で実際の授業を体験いただけます。お気軽にお申し込みください。
この記事を書いた人
塾長 成田茂規

文部科学省からの派遣教員としてイギリスの日本人学校で勤務したとき、現地で交流したフランス、ドイツ、スペインなどのナショナルスクールの教育法に刺激を受け一人ひとりの学力や性格、目標に合わせて個別に教育を行うことの必要性を実感。
帰国後、理想とする教育の実現のため、教員を辞め、個をとことん大切にした個別指導塾を開校。成績アップだけではなく「塾へ行くとやる気になる」「先生と会って話すのが楽しい」そんな風に生徒が思える塾づくりを目指し奮闘中!

■1983年 長崎市生まれ
■国立福岡教育大学卒
■元福岡県小学校教諭
■元海外日本人学校教諭
■趣味は読書。年間200冊を読破。

塾長 成田茂規をフォローする
教育・子育て
参考になりましたらシェアお願いします!
筑紫野市二日市・天拝の個別指導塾 ヒーローズ二日市校