6月から教室での通常授業を再開します(^^)/

目標は〇〇とセットで考えよう!

スポンサーリンク
教育・子育て

こんにちは!ヒーローズ二日市校 塾長の成田です!

新年に入り、約1か月が過ぎようとしています。

「毎日1時間勉強しよう」

「学校のテストで5教科合計100点アップさせよう」

「志望校に合格しよう」

学生のみなさん、新年に立てた目標に向かって取り組むことができていますか?

今日は目標の立て方、また目標を達成するために必要なことをお伝えします😃

スポンサーリンク

目標の立て方

目標は数値を入れて具体的に立てましょう!

例えば「勉強をがんばろう」ではなく、「毎日1時間は勉強しよう」とか、「テストの点数を上げよう」ではなく、「テストで合計100点上げよう」という感じ。

いつまでにというという期限を決めた方が良いという考えもありますが、私は期限は大体でいいのかなと思います。

実際にやってみると思ったより難しい場合や簡単な場合がありますし、3か月後、半年後に、身のまわりの環境が変わっている場合もあります。

最近は特に変化が早く激しい時代なので、その都度、目標は修正していくことをおススメします😄

目標は〇〇とセットで考える

記事の題名にもありますが、この〇〇は何が入ると思いますか?

ここには…

「行動」が入ります!

例えば「テストの点数を合計で100点上げる」という目標を立てた場合、そのために「毎日学校で習ったことを復習する」という行動も決めておくことです。

もう少し細かく「復習する」を「ノートに整理する」「習った部分のワークを解く」「夜8時から10時までする」「自分の部屋でする」といった具合に、内容や時間、場所なども決めておくと、より行動がしやすくなります。

その他、気をつけること

目標は自分で立てましょう。

「親が勉強しろって言うから」とか、「学校の先生が毎日復習しろって言うから」といった他人任せの目標は責任感がもてず長続きしませんし、やらされた感を感じてしまい段々楽しくなくなります😅

保護者の方は、子ども自身が立てた目標であれば、アドバイスはして良いですが、決して意見を押し付けないようにしてください。

目標は紙に書いて掲示しておきましょう。

人間は忘れやすく、怠けやすい生き物です(残念ながら)

せっかく立てた目標を忘れないように、行動が止まらないように、紙に書いていつも自分が見える位置に貼っておきましょう😃

行動を続けることができているかどうかの反省も大事。

最初の方にも言ったように、高すぎたり低すぎたりする目標を立てていた場合は変更するのも一つの方法です!

家族の協力を得ましょう。

「さあ勉強するぞ」となったときに、お母さんがデザートを出してきたりすると、ちょっと勢いが止まりますよね?

いや、デザートを食べることはいいんですよ。勉強する時間をお母さんに伝えておいて、その時間に重ならないように出してもらうと良いでしょう😃

日曜の夕方に勉強すると決めているなら、家族で出かける用事は土曜や日曜の午前中にしてもらうとか、勉強する時間は家族もテレビを消して読書などをして静かに過ごすことか。

そうやって、家族みんなで協力して、目標達成の環境をつくってあげると、効果的ですし、何より絆が深まって良いと思います😄

以上になります!

目標を立てて達成して、また目標を立てる。

そういったことをくり返して、人は強く大きく成長します。

立てた目標が「絵にかいた餅」にならないように、がんばってください😄

それでは今日の話はここまでです。
これからも学習法や子育て法、最新の教育情報などを発信させていただきます!

筑紫野市周辺にお住いの方で、本校へ興味をもたれた方は、お気軽にお問い合わせください(^^)

★資料請求はこちら↓

資料請求・お問合せ | 個別指導学院ヒーローズ
個別指導学院ヒーローズは全国に250校以上の教室で地域のお子様を徹底サポートいたします。「ヒーローズってどんな塾?」「まずは資料を見ながら検討したい」という方のために資料をお送りします。お気軽にお問合せください。

★個別相談、体験授業はこちら↓

無料体験 個別相談 | 個別指導学院ヒーローズ
個別指導学院ヒーローズは全国に250校以上の教室で地域のお子様を徹底サポートいたします。「個別体験・相談って何をやるの?」「うちの子と合うかな?」など、不安や疑問をお持ちの方に、無料で実際の授業を体験いただけます。お気軽にお申し込みください。
この記事を書いた人
塾長 成田茂規

文部科学省からの派遣教員としてイギリスの日本人学校で勤務したとき、現地で交流したフランス、ドイツ、スペインなどのナショナルスクールの教育法に刺激を受け一人ひとりの学力や性格、目標に合わせて個別に教育を行うことの必要性を実感。
帰国後、理想とする教育の実現のため、教員を辞め、個をとことん大切にした個別指導塾を開校。成績アップだけではなく「塾へ行くとやる気になる」「先生と会って話すのが楽しい」そんな風に生徒が思える塾づくりを目指し奮闘中!

■1983年 長崎市生まれ
■国立福岡教育大学卒
■元福岡県小学校教諭
■元海外日本人学校教諭
■趣味は読書。年間200冊を読破。

塾長 成田茂規をフォローする
教育・子育て
スポンサーリンク
参考になりましたらシェアお願いします!
筑紫野市二日市(湯町)・天拝の個別指導塾 ヒーローズ二日市校