現在、秋の生徒募集キャンペーン実施中!詳しくはここをクリック(^^)

大学入学共通テスト、記述式見送りに!小中学生への影響は?

ニュース

こんにちは!

筑紫野市湯町にある個別指導塾、ヒーローズ二日市校、塾長の成田です(^^)/

大学入学共通テスト、記述式見送りに

2020年度開始の大学入学共通テストについて、昨日、文部科学省が記者会見を開き、国語と数学の記述式問題導入を見送ると発表しました。

先日は、英語の民間検定試験の活用も見送られており、多くの受験生を戸惑う決定となりました。

↓詳しくはこちらの記事をご覧ください。

共通テ、国語・数学記述式見送り
2020年度開始の大学入学共通テストを巡り、萩生田光一文部科学相は17日の閣議後記者会見で、国語と数学への記述式問題導入を見送ると発表...

記述式が見送られた原因は?

見送られた原因としては以下のものが挙げられます。

・約50万人の受験生の採点を20日以内に終えるのは困難。
・民間企業が採点を担うため、ミスが起こる可能性がある。
・採点しやすいようなパターン化した記述式を出さざるをえないため、本来目指していた思考力・判断力・表現力を測定できるものとはいえない。
・受験生による自己採点が困難になる。

さらには、数問の記述式を採点するのにかかる費用は60億円を超えるということで、そこまでの公金を投入するメリットがあるのかといった 意見が交わされたようです。

小中学生に与える影響は?

目まぐるしく変化していく現代において、多様な見方や考え方を培うことはとても大切なことです。

その変化に対応できるような思考力や判断力、表現力を学校教育で育てたいという国の方針にも異論はないでしょう。

大学入学共通テストにおいて、記述式を取り入れることは、今回のように高いハードルがあります。

しかしながら、今後は、学校の授業やテストにおいても、暗記すれば解けるものや、マークシート式のものは少なくなっていくでしょう。

来年の4月には小学校の教科書が改訂され、再来年には中学校の教科書が改訂さてます。

まだ、私たちも中身を見ることはできていませんが、きっとこれまで以上に、思考力や判断力、表現力を必要とするような問題が掲載されていることでしょう。

今回、大学入学共通テストにおいて記述式は見送られましたが、だから記述はできなくてもいいということではなく、記述力を磨いていくことは必要です。

塾でも、教育の変化に合わせ、子どもたちが現代に必要とされる力を身につけることができるように、しっかり指導、サポートしていきたいと思います😃

それでは今日の話はここまでです。
これからも学習法や子育て法、最新の教育情報などを発信させていただきます!

筑紫野市周辺にお住いの方で、本校へ興味をもたれた方は、お気軽にお問い合わせください(^^)

★資料請求はこちら↓

資料請求・お問合せ | 個別指導学院ヒーローズ
個別指導学院ヒーローズは全国に250校以上の教室で地域のお子様を徹底サポートいたします。「ヒーローズってどんな塾?」「まずは資料を見ながら検討したい」という方のために資料をお送りします。お気軽にお問合せください。

★個別相談、体験授業はこちら↓

無料体験 個別相談 | 個別指導学院ヒーローズ
個別指導学院ヒーローズは全国に250校以上の教室で地域のお子様を徹底サポートいたします。「個別体験・相談って何をやるの?」「うちの子と合うかな?」など、不安や疑問をお持ちの方に、無料で実際の授業を体験いただけます。お気軽にお申し込みください。
この記事を書いた人
塾長 成田茂規

文部科学省からの派遣教員としてイギリスの日本人学校で勤務したとき、現地で交流したフランス、ドイツ、スペインなどのナショナルスクールの教育法に刺激を受け一人ひとりの学力や性格、目標に合わせて個別に教育を行うことの必要性を実感。
帰国後、理想とする教育の実現のため、教員を辞め、個をとことん大切にした個別指導塾を開校。成績アップだけではなく「塾へ行くとやる気になる」「先生と会って話すのが楽しい」そんな風に生徒が思える塾づくりを目指し奮闘中!

■1983年 長崎市生まれ
■国立福岡教育大学卒
■元福岡県小学校教諭
■元海外日本人学校教諭
■趣味は読書。年間200冊を読破。

塾長 成田茂規をフォローする
ニュース
参考になりましたらシェアお願いします!
筑紫野市二日市(湯町)・天拝の個別指導塾 ヒーローズ二日市校