二日市校のことを知りたい方はこちらをクリック(^^)

武蔵台高校に行ってきました!(説明会参加レポート)

高校入試

こんにちは!

筑紫野市湯町にある個別指導塾、ヒーローズ二日市校、塾長の成田です(^^)/

9月、10月は、多くの高校で、中学生の生徒さん、保護者の方向けに説明会やオープンスクールが 開催されます!

一部の高校では、学習塾の先生方向けにも説明会が開催されており、参加した様子を報告したいと思います!

※こちらの内容は2019年説明会の情報をもとにしています。

県立武蔵台高等学校

↓高校のホームページです

福岡県立武蔵台高等学校ホームページ

こちらは、第五学区にある県立高校の偏差値などです。

武蔵台高校は、第5学区にある県立高校の中では、偏差値が高くはなく、勉強が苦手な子やテストで平均点数に届かない子でも、努力次第では受かる可能性がある学校です😃

やはり私立と公立では、授業料やその他にかかる費用面で大きな差がありますから、家庭の事情などで、公立高校しか通えないといったお子さんには貴重な高校と言えます。

(近年は、太宰府高校が定員を割っており、あまり人気がなく、その分、武蔵台を目指す子が増えているような印象です)

進学実績としては、国公立大への合格が十数名、私立大への合格が200名近くとなっており、国公立大を目指すのは少し難しいけれど、福岡大学や西南学院大学へは安定して合格できるといった感じでしょうか。

本日の説明会では、先生方以外にも、生徒会の子どもたちが学校紹介をしてくれました😃

みんな女の子でしたが、笑顔ではきはきとした話し方でとても気持ちの良いプレゼンでした!

プレゼンの後に、私からも質問させていただきましたが、とても誠実に答えてくれました。

生徒会長の「私は本当に武蔵台高校は良い学校だと胸を張って言えます。この高校に入って良かったです。」という言葉から、子どもたちにとって本当に居心地の良い学校なのだなということが伺えました😃

学校としては、九州初のユネスコスクールに指定され、グローバル人材の育成を目指しているそうです。

その取組の一環として、海外への修学旅行や語学留学などが行われているそう。

学習面としては、朝補習、土曜セミナー、追指導、自習室完備など、高校生としての学習量をきちんとカバーできるような設計がされていました。

また、高校1年生の1学期に「好学プロジェクト」という名前で、中学校の学習を復習する機会を計画的に設けているようです。

勉強が得意ではない子にとっては、中学校の復習から高校の勉強に入る方が抵抗がなく、とてもありがたいですよね😃

施設面でも、広いグラウンドに加えて、野球場やテニスコートがあり、大変充実していました。

9割が自転車通学ということで近隣からの通学が多いようです。

武蔵台の子どもたちは自然体

説明の後は、実際に教室を回って、授業を見せていただきました。

感想としましては、先生と生徒の距離が近いなあという感じです 😃

(良い意味で)

先生たちが日ごろから生徒目線で関わっているのでしょう。

子どもたちたちと先生方との信頼関係が築かれているように見えました。

子どもたちも素直で、良い表情をしており、子どもらしさも感じました😃

勉強も部活も含めて、高校生活を楽しむぞ!青春を謳歌するぞ!といったお子さんにはおすすめの学校だと思います😆

『百聞は一見に如かず』

塾の子どもたちに、正確な入試情報を伝えることができるように、今後も積極的に高校説明会に参加したいと思います😉

この記事を書いた人
塾長 成田茂規

文部科学省からの派遣教員としてイギリスの日本人学校で勤務したとき、現地で交流したフランス、ドイツ、スペインなどのナショナルスクールの教育法に刺激を受け一人ひとりの学力や性格、目標に合わせて個別に教育を行うことの必要性を実感。
帰国後、理想とする教育の実現のため、教員を辞め、個をとことん大切にした個別指導塾を開校。成績アップだけではなく「塾へ行くとやる気になる」「先生と会って話すのが楽しい」そんな風に生徒が思える塾づくりを目指し奮闘中!

■1983年 長崎市生まれ
■国立福岡教育大学卒
■元福岡県小学校教諭
■元海外日本人学校教諭
■趣味は読書。年間200冊を読破。

塾長 成田茂規をフォローする
高校入試
参考になりましたらシェアお願いします!
筑紫野市二日市・天拝の個別指導塾 ヒーローズ二日市校