二日市校のことを知りたい方はこちらをクリック(^^)

受験生必見!過去問の解き方について

高校入試

こんにちは!

筑紫野市湯町にある個別指導塾、ヒーローズ二日市校、塾長の成田です(^^)/

入試が近くなると、受験校の過去問を解く人も増えてくると思います。

今回は、そんな過去問の解き方を紹介します(^^)/

※解く時期などは、こちらを参考に!

過去問はどこで手に入れる?

私立の過去問であれば、高校見学に行ったときに配られます

2~3年分が一冊にまとまったものが多いです。

しかし、ほとんどの過去問には、解説がついていなくて解答のみです。

一方、書店で売っている過去問には、解き方や考え方などの解説が詳しく載っているものもありますので、受験校のものは書店で購入することをおススメします

※もちろんネット購入でもOKです。以下にオススメの市販過去問を紹介しておきます。

九州産業高校 https://amzn.to/3mAGjPG

筑陽高校 https://amzn.to/3atgXNT

筑紫台高校 https://amzn.to/3BCYL0w

福岡常葉高校 https://amzn.to/3lsW5fX

※公立高校の過去問も紹介しておきます。

福岡県公立高等学校 2022年度受験用 赤本 3040 (公立高校入試対策シリーズ)
福岡県公立高等学校 2022年度受験用 赤本 3040 (公立高校入試対策シリーズ)

何年分解けばいいの?

今年度より中学校では教科書が変わっていますし、その影響もあって、年々、高校の入試問題も傾向が変わっているのは事実です。(問題の長文化、記述式の増大、イラストや図表の増加など)

しかしながら、その高校独自の問題傾向というのものはあり、過去問を解くことは大いに効果的です。

では、何年分ぐらい解けばいいのか。

最低3年分、できれば5年分は解きたいところです。

市販のものは大体3~5年分がまとめられているので、量的にはちょうど良いと言えます。

どんな解き方をすればいいの?

本番を想定して、時間を計りながら解くのが良いでしょう。

答えも、本番同様、一枚の用紙に書いていくようにしましょう。(本タイプの過去問の場合は解答用紙のページをコピーすると良いよ)

ただし、一番大事なのは、解くことよりも、見直し、丸付け、解き直しです。

解き終わった後、見直し(反省)をします。

時間配分は妥当だったか、採点者が読める字で書けているか、どんな問題が解けてどんな問題が解けなかったかなど、全体を見直して、今の時点での課題を明確にします。

そして、早めに丸付けをして、解き直し!

解説を見てすぐに理解できる問題は解き直す必要はありませんが、解き方がわからない問題や、暗記できていなくて落とした問題は、解説を良く見て理解しなおしましょう。

解説を読んでもわからないときは、学校や塾の先生に聞くようにしましょう。

ただし、私立は、クラス選考をするために極端に難しい問題が入っていることがあるので、自分の目指すクラスに必要ないようなものは何となくの理解にしておいて他を完ぺきにすることに時間をかけた方が良いでしょう。

解き直しのオススメは、解き方が分からなかった問題をノートやルーズリーフにまとめて整理しておくやり方です。

解き直して理解した問題を、今だけではなく、明日も、来週も、忘れずに覚えておくために自分だけの復習ノート(ファイル)を作っておくと、勉強したことが整理できますし、安心感もあります(^^)

何点ぐらいを目指せばいいの?

その年の合格者平均点がわかっていれば、それを目指すのが良いです。

わからない場合は、ざっくり6~8割を目指すと良いでしょう。

ここで気をつけたいことは、何点であっても気にし過ぎないようにするということです。

その点数はあくまでも「今」の時点での結果ですし、これから対策を練って勉強していくわけですから、上がっていくのは間違いありません(^^)

特に、本番は、集中力が増しますので、入試当日に自己最高点が出たという人も珍しくありません(^^)

気にし過ぎず、前を向いて、できることをできる限りやっていきましょう!

みんながあなたを応援している!

以上が、過去問の解き方になります。

受験するし一応解くけれど解き直しはしないということではなく、過去問を通して力をつけていくんだという強い気持ちで取り組みましょう

受験校が複数ある人は、大変かと思いますが、一生に一回の高校受験です。

本当にやらないといけないことは何なのかをよく考えて、悔いのない時間の使い方をしましょう

テレビやゲーム、スマホをしたい気持ちもわかりますが、今は、きっと、それよりも勉強の方が大切なはずですよね(^^)

保護者の方も、学校や塾の先生も、私も、受験生のみなさんを心から応援していますよ!

それでは今日の話はここまでです。
これからも学習法や子育て法、最新の教育情報などを発信させていただきます!

筑紫野市周辺にお住いの方で、本校へ興味をもたれた方は、お気軽にお問い合わせください(^^)

★資料請求はこちら↓

資料請求・お問合せ | 個別指導学院ヒーローズ
個別指導学院ヒーローズは全国に250校以上の教室で地域のお子様を徹底サポートいたします。「ヒーローズってどんな塾?」「まずは資料を見ながら検討したい」という方のために資料をお送りします。お気軽にお問合せください。

★個別相談、体験授業はこちら↓

無料体験 個別相談 | 個別指導学院ヒーローズ
個別指導学院ヒーローズは全国に250校以上の教室で地域のお子様を徹底サポートいたします。「個別体験・相談って何をやるの?」「うちの子と合うかな?」など、不安や疑問をお持ちの方に、無料で実際の授業を体験いただけます。お気軽にお申し込みください。
この記事を書いた人
塾長 成田茂規

文部科学省からの派遣教員としてイギリスの日本人学校で勤務したとき、現地で交流したフランス、ドイツ、スペインなどのナショナルスクールの教育法に刺激を受け一人ひとりの学力や性格、目標に合わせて個別に教育を行うことの必要性を実感。
帰国後、理想とする教育の実現のため、教員を辞め、個をとことん大切にした個別指導塾を開校。成績アップだけではなく「塾へ行くとやる気になる」「先生と会って話すのが楽しい」そんな風に生徒が思える塾づくりを目指し奮闘中!

■1983年 長崎市生まれ
■国立福岡教育大学卒
■元福岡県小学校教諭
■元海外日本人学校教諭
■趣味は読書。年間200冊を読破。

塾長 成田茂規をフォローする
高校入試
参考になりましたらシェアお願いします!
筑紫野市二日市・天拝の個別指導塾 ヒーローズ二日市校