二日市校のことを知りたい方はこちらをクリック(^^)

学校テストが最近どんどん難しくなっている件について思うこと

塾長のひとり言

こんにちは!

筑紫野市湯町にある個別指導塾、ヒーローズ二日市校、塾長の成田です(^^)/

中学校のテストが難しい問題

先日、中学校の定期テスト(前期期末テスト)が終わりました

さっそく、今回のテストの問題用紙を見て、出題傾向を分析してみたのですが…。

何だか、最近の中学校のテスト、内容がとっても難しいんですよね(>_<)

ある中学校の「英語」を例に出すと、まず、問題自体が多い(^^;)

なんと、大問が「15番」まであります

ちなにみ、公立入試は、大問はリスニング含めて「5つ」です。

もちろん、細かく分けれている部分もあるので、一概に比べることができませんが、それでも15番は多いのではないでしょうか(+_+)

また、その内容もバラエティに富んでいて、リスニング、単語、並べ替え、適語選択、日本語訳、教科書本文、長文読解、対話文、英作文と、あらゆるパターンが出題されています。

指導要領が改訂され、今年から教科書が変わり、これまでよりも実践的な英語を身につけさせたいという意図はとてもよくわかるのですが、これだけの量の内容を勉強し、解くのは大変だろうなあと思います(^^;)

しかも、テストは、5教科(期末は9教科)ありますからね。

一つだけの教科ばかり勉強してもいられません。

勉強した分、結果につながるテストが理想

「学校のテスト難しい問題」は、いろいろな中学校で見られ、時には、平均点数が40点台になることもあると聞きます。

お子さんが40点を取ってきたら、保護者の方はどう思うでしょうか?

平均点ですので、そこまで低い点数ではないはずなのですが、実際に40点台と聞くと、低く感じるのでないでしょうか(>_<)

子どもたちにどんな力が付いているのか、たくさんの問題から評価したいという先生方の思いは分かるのですが、それであれば、定期テスト以外の小テストで把握するなどしてほしいなあと思います。

定期テストは、勉強したらその分、成果(点数)が出せるような、平均点数60点前後で構成された適正なテストであればいいなと願っています(^^)

作っている中学校の先生方は大変な作業かと思いますが、「やっても取れない、難し過ぎる」と感じ、勉強を嫌になってしまうような状況は避けたいですね(>_<)

それでは今日の話はここまでです。
これからも学習法や子育て法、最新の教育情報などを発信させていただきます!

筑紫野市周辺にお住いの方で、本校へ興味をもたれた方は、お気軽にお問い合わせください(^^)

★資料請求はこちら↓

資料請求・お問合せ | 個別指導学院ヒーローズ
個別指導学院ヒーローズは全国に250校以上の教室で地域のお子様を徹底サポートいたします。「ヒーローズってどんな塾?」「まずは資料を見ながら検討したい」という方のために資料をお送りします。お気軽にお問合せください。

★個別相談、体験授業はこちら↓

無料体験 個別相談 | 個別指導学院ヒーローズ
個別指導学院ヒーローズは全国に250校以上の教室で地域のお子様を徹底サポートいたします。「個別体験・相談って何をやるの?」「うちの子と合うかな?」など、不安や疑問をお持ちの方に、無料で実際の授業を体験いただけます。お気軽にお申し込みください。
この記事を書いた人
塾長 成田茂規

文部科学省からの派遣教員としてイギリスの日本人学校で勤務したとき、現地で交流したフランス、ドイツ、スペインなどのナショナルスクールの教育法に刺激を受け一人ひとりの学力や性格、目標に合わせて個別に教育を行うことの必要性を実感。
帰国後、理想とする教育の実現のため、教員を辞め、個をとことん大切にした個別指導塾を開校。成績アップだけではなく「塾へ行くとやる気になる」「先生と会って話すのが楽しい」そんな風に生徒が思える塾づくりを目指し奮闘中!

■1983年 長崎市生まれ
■国立福岡教育大学卒
■元福岡県小学校教諭
■元海外日本人学校教諭
■趣味は読書。年間200冊を読破。

塾長 成田茂規をフォローする
塾長のひとり言
参考になりましたらシェアお願いします!
筑紫野市二日市・天拝の個別指導塾 ヒーローズ二日市校