二日市校のことを知りたい方はこちらをクリック(^^)

受験生の最強の味方!模擬試験!

高校入試

こんにちは!

筑紫野市湯町にある個別指導塾、ヒーローズ二日市校、塾長の成田です(^^)/

今回は、受験勉強として欠かすことのできない「模擬試験」について、その効果や、受け方のコツなどを紹介します(^^)/

模擬試験について

模擬試験とは、私立高校や公立高校の試験内容に合わせて業者が作成したテストになります。

福岡県でよく知られているのは「フクト」と「県模試」と呼ばれるものです。

テストの内容的に、「フクト」は公立、私立を含めた入試対策用、「県模試」は公立対策をメインにしたテストです。

私の塾では、ほとんどの子どもたちの第一志望が公立高校ということもあり、「県模試」を扱っています。

当塾の模試スケジュール

ヒーローズ二日市校では、県模試を8月、10月、11月、1月、2月の合計5回行います。

夏休みまでに中学校の学習内容をほぼ終わらせて、基本の知識を習得し、夏明けから入試対策に本格的に入ります。

模試の効果

模試を受けることで得られるものは以下の3つです。

  1. 自分の現在の学力がわかる。
  2. 他の受験生と比較した自分の位置がわかる。
  3. 試験での時間の使い方や集中力が身につく。

1の「自分の現在の学力がわかる」ですが、模試を行った後、2週間ほど経つと、業者から分析表が送られてきます。

そこには、点数や偏差値はもちろん、正答率などが単元、分野ごとに書かれています。

これを見ることで、いまの自分は、どの教科のどの単元、分野ができていて、逆にどこに課題があるのかが明確になります。

2の「他の受験生と比較した自分の位置がわかる」ですが、1で述べた分析表には、志望校として選んだ高校の合格率、また、志望者の中での自分の順位が載っています。

勉強自体は個人の作業ですが、各高校の合格者の数は決まっていますので、現実には、その人たちとの戦い(競争)になります。
こういった合格率や順位などを見ると、緊張感を味わい、受験生としての意識がより一層高まります!

3の「試験での時間の使い方や集中力が身につく」ですが、模試は本番の試験に似せて作成していますので、時間調整や5教科を最後まで解き終えるという集中力が養われます。

受験では、ほとんどの場合、自分の偏差値と同じかそれより少し上の人たちと争うことになりますので、少し大げさな言い方になりますが、1つの問題の正解、不正解が合否を分けるといっても過言ではありません。

そこで大事なのが、「自分が正解できるレベルの問題を確実に正解する」ということです。

難しい問題(正答率が低い問題)に時間をかけ過ぎてしまい、他の問題に取り組む時間が無かったというのが一番避けたいことです。

子どもたちにも「わからない問題があったら飛ばして、解ける問題を確実に解こうね!」と話しますが、そう簡単にはいきません。

やはり、模試を受けた最初の方は、時間が足りずに解けるはずの問題に取り組めなかったということが起こります。

しかし、模試を行うたびに、ふり返りをしていくと、「ここは飛ばせばよかったんだな」とか「ここは時間をかければ解けたな」といったことが経験で分かってきます。

模試の受け方

そんなとても効果的な模試ですが、ただ受けるだけではもったいない。

受ける前、受けた後に、どのようなことをするかで、その効果が何倍にも変わってきます。

当塾では、次のような資料を渡し、模試の前後で何をすれば良いかを伝えています!

受験生の最強の味方!模試!

このように、きちんと目的意識をもって、受験すれば模試は本当に受験生の強い味方になります!

受験までの時間は受験生みんなに平等に与えられますが、その時間をより効果的、効率的に使用できるように、模試を存分に活用してください!

それでは今日の話はここまでです。
これからも学習法や子育て法、最新の教育情報などを発信させていただきます!

筑紫野市周辺にお住いの方で、本校へ興味をもたれた方は、お気軽にお問い合わせください(^^)

★資料請求はこちら↓

資料請求・お問合せ | 個別指導学院ヒーローズ
個別指導学院ヒーローズは全国に250校以上の教室で地域のお子様を徹底サポートいたします。「ヒーローズってどんな塾?」「まずは資料を見ながら検討したい」という方のために資料をお送りします。お気軽にお問合せください。

★個別相談、体験授業はこちら↓

無料体験 個別相談 | 個別指導学院ヒーローズ
個別指導学院ヒーローズは全国に250校以上の教室で地域のお子様を徹底サポートいたします。「個別体験・相談って何をやるの?」「うちの子と合うかな?」など、不安や疑問をお持ちの方に、無料で実際の授業を体験いただけます。お気軽にお申し込みください。
この記事を書いた人
塾長 成田茂規

文部科学省からの派遣教員としてイギリスの日本人学校で勤務したとき、現地で交流したフランス、ドイツ、スペインなどのナショナルスクールの教育法に刺激を受け一人ひとりの学力や性格、目標に合わせて個別に教育を行うことの必要性を実感。
帰国後、理想とする教育の実現のため、教員を辞め、個をとことん大切にした個別指導塾を開校。成績アップだけではなく「塾へ行くとやる気になる」「先生と会って話すのが楽しい」そんな風に生徒が思える塾づくりを目指し奮闘中!

■1983年 長崎市生まれ
■国立福岡教育大学卒
■元福岡県小学校教諭
■元海外日本人学校教諭
■趣味は読書。年間200冊を読破。

塾長 成田茂規をフォローする
高校入試
参考になりましたらシェアお願いします!
筑紫野市二日市・天拝の個別指導塾 ヒーローズ二日市校